マイホーム計画のポイント|昭栄建設は地元に特化している|頼もしい味方

昭栄建設は地元に特化している|頼もしい味方

マイホーム計画のポイント

男性と女性

絵画タッチの住まい

世界遺産の自然林豊かな静岡の不動産事情として、家族が増えることから注文住宅を計画、施工する世帯は多く、住みたい都道府県にも選ばれ、移住世帯も増加傾向です。景観がウリの1つで、注文住宅のこだわりポイントに窓を挙げる施主も増えています。その中でも、建物の強さや外観の美しさに加え、遊び心を家づくりに取り入れるパターンが評判です。特に窓枠やドア、玄関の色や素材選びに着目するファミリー世帯は少なくはないのも実情です。無垢の木の味わいを生かして塗装を施す場合、自然やウレタンなど、その場所によって塗装を選ぶことが注文でならば可能です。子供部屋・階段・廊下脇には黄色の室内窓を施すだけで、暗い空間も色彩による視覚的効果で明るく魅せられます。絵画を飾るように窓を飾るだけであるものの、枠や窓ガラスの素材や形にこだわるだけで、窓越しからの静岡ならではの眺望も楽しめます。

気候に合わせる

生活の中で感じる不自由な点や、イメージは固まっていないものの気分を変えたいなど、一戸建てを検討する場合には予算との折り合いをつけながらの計画も必要です。静岡の不動産会社では注文住宅にも手を広げ、静岡の気候までも意識させた提案を行っています。全国的に温暖な気候に恵まれていますが、西部と麓のある東部を比較すると、大雨・強風・波浪などの気象現象にも差が生じています。住み替えや移り住みによる注文住宅として戸建てを検討するにも、環境は後々のメンテナンスにも関わる問題です。例えば、3世帯での暮らしの場合、木造では2階建てと3階建てでは構造計算が必須ですが、注文でならば計算不要の2階建てでも検証してくれます。地震力・風圧力などの長期での荷重などによっては、こだわったはずの柱や梁、部材に負担が掛かる可能性もあります。そのため、静岡エリアでは技術力を持つ設計事務所も近年増えています。